FXで利益を上げるために欠かせない事は、情報集めです。これはFXに限らず他の投資にも言うことが出来ます。つまりこの多くの情報を集めることが出来たら、利益を上げる可能性は高くなるのではないでしょうか。


FXは無料でも多くの情報を集めることが可能

FXは多くの情報を無料で集めることは充分可能です。利益を上げている投資家も情報を集めるのに多くのお金を費やしているわけでも、多大な時間をかけているわけでもありません。その無料の情報集めとは、ただ口座を開くだけです。取引会社に口座を開くと無料で毎日、為替情報を受け取ることが出来ます。また複数の口座を開けばその分、いろいろな会社から情報を受け取ることが出来るので、実際に取引しなくても、二、三社口座を開設した方が良いと思います。
しかし、「たったこれだけなら自分もすでにやっている」、「それだけでは勝てないでしょ」。こう思っている方は、少し情報の認識について間違っているかもしれません。情報とは受け取るだけでは意味はないのです。その情報を生かしてこそ初めて、価値が出てきます。


情報には二種類ある

情報には二種類あります。それは速報系とレポート系です。この二つの情報の違いを理解して、上手に使いこなしましょう。
まず、速報系とは為替に関するニュースをタイムリーで届けてくれます。この情報ベンダーは主に、ロイター、フィスコなどが有名です。こういった情報は取引会社の多くが契約しているので、私たちは口座を開設するだけで、無料で情報を手に入れることが出来ます。
ではこの情報をどのように活用するのか。それはリアルタイムで取引する時に活用します。成行注文はリアルタイムで取引します。その時に、現在の為替情報をタイムリーで届けてくれる速報系の情報を活用します。
この時にレポート系の情報を参考にして取引すると、為替相場はどんどんと動くので、遅れた情報で取引をしていることになります。
では、レポート系はどのように活用するのか。それは為替相場を勉強する時に使います。為替相場はなぜこのように変動していくのか、それを分析した情報がレポート系なのです。
この二つの情報を上手に使いこなして取引してください。


情報に惑わされない目を持つことも大事

FXでもなんでも投資の世界は、情報通りに動くとは限りません。必ず予測と違った変化をするのが、投資の世界なのです。つまり情報を鵜呑みにしすぎてしまうと、失敗するかもしれません。
こうしてみると、FXは何を信じて取引していいか、こんな風に初心者の方は思うかもしれませんね。それはどの投資家も感じていることです。結局は自分を信じて取引するしかないのです。
自分に少しでも自信をつけるために、勉強したり、国際ニュースに興味を持ってみたり自己啓発に励むのです。
あなたもそうしていると、いつの間にか国際通になっているかもしれません。そういった楽しさもFXにはあります。